イベントを読み込み中

« すべてのイベント

「第8回 教育情報化カンファレンスinおおいた」  (大分市)

8月 5日 @ 10:30 AM - 3:30 PM

情報社会の進展が目覚ましい今日、変化の激しい時代を生き抜く子どもたちには、生きる力として情報活用能力が求められています。
今回のカンファレンスは、教育に携わる関係者に向けて、「未来に生きる子どもたちに必要な情報活用能力を考える」をテーマに、ネット社会の動向を見据え、これからの教育に求められることについて有識者に講演いただきます。また、県内の実践を紹介することで、これからの情報教育を考え、役立てる機会となることを目的に開催します。

チラシのイメージ

 ★チラシのダウンロード

 

 

【日  程】     令和元年8月5日(月)       10:30~15:30

【場  所】     ホルトホール 3階 大会議室 (大分市金池南1丁目5-1)

【定  員】     250名程度

時間 内容
9時30分 受付開始
10時30分 開会挨拶
10時40分 実践発表1
「主体的な学びに向けたタブレットの活用(仮)」
大分県立大分豊府中学校 教諭 江藤 大介


実践発表2
「クラウドと生徒のスマートフォンを活用した授業実践(仮)」
大分県立情報科学高等学校 指導教諭 佐藤 正男


子どもたちの発表
玖珠町立くす星翔中学校 2,3年生
日本文理大学附属高等学校 eスポーツ部

12時00分 昼食休憩
※「第1回ICTを活用したプレゼンテーションコンテスト」の動画を上映します。
13時00分 講演1
「プログラミング教育と未来を考える」
NPO法人みんなのコード 代表理事 利根川 裕太(講演内容)
・なぜプログラミング必修化なのか (社会の変化等の背景から)
・どんな事を学習するのか
・どんな資質能力を身につけてほしいのか
・プログラミングで輝く子どもの事例
来年度から新学習指導要領で小学校でもプログラミング必修となり、社会的な関心も高くなっています。学校現場の多忙さも課題となる中、プログラミングを学ぶことの意義を中長期の視野から考えてみたいと思います。


講演2
「経済産業省 未来の教室での実証事業(三重県教育委員会との課題解決学習)」
IGS株式会社 事業統括取締役 中里 忍

(講演内容)
高等学校における効果的な課題解決型学習を目指し、「モビリティ(自動車などの移動手段)」をテーマに、高校生の気質や能力に合ったプログラムの提供とグループ分けで、教育効果を実証した取組について紹介します。


講演3
「世界のどこでも誰でも教育を受けられる環境を目指して(仮)」
株式会社教育情報サービス 代表取締役 荻野 次信

(講演内容)
ICTが教育においてどのように活用され、世界の人々がどう結びついているか、実体験を通して講演します。また、SDGsのGoal4の実現にむけた自社の取り組みを、技術者との中継を交えて紹介します。

15時30分 閉会

 

 

<お問合せ先>
教育財務課
TEL:097-506-5465

詳細

日付:
8月 5日
時間:
10:30 AM - 3:30 PM
Web サイト:
http://www.pref.oita.jp/site/kyoiku/2019conf.html

会場

大分市 ホルトホール大分
大分市金池南一丁目5番1号 870-0839
電話番号:
097-576-7555(代表)
Web サイト:
http://www.horutohall-oita.jp/